1. HOME
  2. 事業案内
  3. 建築工事
  4. サーモブロック

建築工事

Construction work

建築工事

サーモブロック

サーモブロックメイン2

サーモブロックとは

「サーモブロック」は遮熱・断熱・保温機能に長けた、これまでにないECO塗料です。

この機能によって夏は涼しく冬は暖かい、快適な状態を一年中実現することが可能です。

遮熱・断熱・保温

  • 外からの熱を断熱・遮熱し、室内の温度を保つ為、冷房電力を30%~40%削減
  • 断熱効果で外の冷気を遮断 サーモブロックが遠赤外線を吸収放射して建物内の表面温度を上げるため、暖房機器の30%~40%の使用削減
  • 反射機能で室内の証明電力が節約できる為照明を含む全電力も年間約25%削減

使用例

サーモ使用例 住宅 サーモ使用例 公共施設 サーモ使用例 工場
住宅 公共施設 工場
サーモ使用例 テント サーモ使用例 エクステリア サーモ使用例 室内
テント エクステリア 室内

 

なぜ、夏は涼しい 冬は暖かい が実現できるのか?

サーモブロックは、塗った箇所に熱に対するバリアを生成することで、外部からの熱を遮断し、内部の熱を閉じ込める仕組みになっています。

この仕組みは、塗料の中に含まれる「中空ビーズ」と呼ばれる空間で行われます。

中空ビーズイメージ

このビーズが多ければ多いほど高い効果が期待できることになります。

サーモブロックはこの「中空ビーズ」に特殊大型アクリル中空ビーズを使用し、その体積比が約50%と他社製品とよりも高い割合で均一に含まれている為、高い効果が得られるのです。

 

サーモブロックの機能特徴

遮熱や断熱を始めとした機能の他にも、優れた特性を有しています。

 

 

高遮熱 反射率最大85%以上※白色の場合

特殊酸化チタンの働きにより熱を反射する機能が最大85%以上。太陽熱を反射して建物内に熱を伝えません。

高断熱 塗膜空間率世界最高レベル

特殊大型中空ビーズの効果により、高い遮熱性を保ちます。

保温 大型中空ビーズの含有量最大

特殊大型アクリル中空ビーズとアクリル樹脂の輻射熱(直接伝わる熱)効果により夏は涼しさを、冬は暖かさを保つことができます。 

高伸縮 防水材に近い性能を発揮

200%以上の伸縮率により、建物のクラックたひび割れを防止することができます。テントにも採用可能です。(施工実績有)

高耐久 15年以上の実使用が可能※日本塗料検査協会の検査結果

気候条件を人工的に再現し塗膜劣化を促進させ、いち早く寿命を測定する試験にて3000時間をクリア。建物を長期間保護し、劣化を防止します。

高粘着 JIS規格の3倍以上

強力な粘着力が日本工業規格(JIS規格)の試験により証明されています。金属下地の場合はプライマーが不要です。

防水 透水性ゼロ透湿性あり

浸水性が無いため水漏れ、雨漏り防止対策に使用可能です。湿気は通すので蒸れず、快適な内部環境を作り出すことができます。塗装の膨れも生じません。

防露 蓄輻射熱効果

特殊大型アクリル中空ビーズと特殊アクリル樹脂の保温効果により塗膜面の冷えを防ぐため、結露の発生を抑制できます。

防音 約10dB防音効果

特殊大型アクリル中空ビーズの効果により、屋根や壁から外部へ漏れる音、建物内部に入ってくる騒音や雨音を軽減できます。10dBの防音は音が半減して聞こえると言われています。

低環境負荷 低環境負荷(F☆☆☆☆取得済)

多くの建材に含まれている有害物質ホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質の一つ)の放散は基本的にありません。F☆☆☆☆(注)を取得している体に優しい塗料です。

(注)F☆☆☆☆(フォースター)…JIS、JASや国土交通大臣認定により等級付けされるホルムアルデヒドの使用規格です。安全性が高いほど☆の数が増え、F☆☆☆☆が最高等級とされています。

サーモブロックの実験結果

一般塗料との比較(グレー色)

加熱ランプによる温度テスト コールドスプレーによる温度テスト
加熱ランプによる温度テスト コールドスプレーによる温度テスト

比較実験の結果、加熱で約30℃、冷却で約20℃の差が付きました。

実際の動画はYoutubeでご覧いただけます。 実験動画はこちら

 

未塗装と塗装後テントの室内温度

未塗装テント 塗装後テント
未塗装テント サーモブロック塗装後テント

テント内気温グラフ
ヨルダンの国連難民キャンプの例では、未塗装テントは最大51℃まで上昇し、サーモブロックを塗装したテントでは40℃を超えた日は有りませんでした。

工場屋根にて他社製反射塗料との比較

大手D社塗料温度44.4℃塗装面 サーモブロック温度37.4塗装面
大手D社塗料温度44.4℃ サーモブロック温度37.4
大手D社遮熱塗料塗装済 サーモブロック塗装後

栄研化学工場様での検証では、外気温が27℃の日で測定した際、屋根の表面温度に約7℃の差がありました。

工場屋根にて従来塗装面との比較

サーモブロック塗装前温度60.3塗装面 サーモブロック塗装後温度43.4塗装面
サーモブロック塗装前温度60.3 サーモブロック塗装後温度43.4
サーモブロック塗装前 サーモブロック塗装後

某工場では従来の屋根と比べて、屋根の表面温度が約17℃の差がありました。

市場屋根にて従来塗装面との比較

サーモブロック塗装前温度54.9塗装面 サーモブロック塗装後温度36.5塗装面
サーモブロック塗装前温度54.9 サーモブロック塗装後温度36.5
サーモブロック塗装前 サーモブロック塗装後

茨城県の青果卸売市場では、従来の屋根と比べて、屋根の表面温度が約18℃の差がありました。

サーモブロックの節約試算

世帯人数別のエアコン代 (一般財団法人省エネルギーセンターの報告書(平成25年2月発表))

世帯人数 月間暖房代(1日当たり平均) 月間冷房代(1日当たり平均) エアコン代年間総額
1~2人 1,000~4,900円(33~161円) 1,000~3,900円(33~128円) 25,300円
3~4人 1,600~8,000円(52~262円) 1,600~6,400円(52~210円) 41,600円
5~6人 2,100~10,400円(69~341円) 2,100~8,300円(69~272円) 54,200円
7~8人 2,400~11,900円(79~390円) 2,400~9,500円(79~311円) 62,100円
9人以上 3,400~16,900円(111~554円) 3,400~13,500円(111~443円) 88,100円

住宅の居住人数 (国土交通省 平成30年度住宅市場動向調査)

居住人数 平均居住人数(一世帯あたり)
注文住宅 3.4人
分譲戸建住宅 3.4人
分譲マンション 3.0人
中古戸建住宅 3.5人
中古マンション 2.8人
一般家庭の節約例(戸建て 世帯人数3~4人想定)
年間エアコン代(41,600円)×サーモブロック節電効果(30%~40%)

=年間12,480~16,640円の節約

サーモブロックの塗替え期間を考慮した場合
年間節約金額(12,480~16,640円)×塗替え時期(約20年)

=塗替え時期までに249,600~332,800円の節約

工場やビルなどの空調の使用頻度が高い建物ではさらに節約が可能になります。

サーモブロックの施工実績

多くの国内外のビルや商業施設、工場等で使用されています。

ホザナ保育園(埼玉県) フジテクノス(神奈川県) サンドラック原当麻店(神奈川県)
ホザナ保育園(埼玉県) フジテクノス(神奈川県) サンドラック原当麻店(神奈川県)
はとバス車庫(東京都) 文部大臣邸(ジブチ共和国) リゾートホテル(ベトナム)
はとバス車庫(東京都) 文部大臣邸(ジブチ共和国) リゾートホテル(ベトナム)
大石歯科医院(埼玉県) 個人邸(USA シアトル) 青果卸売市場(茨城県)
大石歯科医院(埼玉県) 個人邸(USA シアトル) 青果卸売市場(茨城県)

サーモブロックのラインナップ

サーモベースM サーモベース(タイプM,U)

サーモブロックシリーズの性能を確実に発揮させるためのシーラーで、撥水系以外の広範囲な素地に適応可能です。万能なプライマーとしてM、吸込み量が多いプライマーとしてUタイプを用意しております。

工程:下塗材 容量:15kg

施工面積:約150㎡以上 その他:一液水性

サーモベースをAmazonで購入

サーモブロック サーモブロック

特殊アクリル樹脂に特殊大型アクリル中空ビーズと特殊酸化チタンを黄金比率でブレンドし、遮熱機能、断熱機能、保温機能を持たせた多機能塗料です。

工程:主材 容量:11kg

施工面積:約30㎡以上 その他:一液水性

サーモブロックをAmazonで購入

サーモトップ サーモトップ(タイプS,H)

半艶のアクリル樹脂エマルジョン系クリアコートで、壁などに付着する雨水による汚れを防止し、主材の塗膜を保護します。Hタイプは重歩行(歩道・駐車場・運動場)にも使用可能です。1回塗りの場合半艶。2回以上塗ると艶が増します。

工程:仕上材 容量:15kg

施工面積:約150㎡以上 その他:一液水性

サーモトップをAmazonで購入

サーモインテリア(缶) サーモインテリア

水性アクリル樹脂エマルジョンペイント。建物内にも110μ中空ビーズの含有量が体積比:60%の塗料を塗ることで、遮熱、断熱、保温機能が向上し、結露抑制にもなります。

工程:内壁材 容量:11kg

施工面積:約30㎡以上 その他:一液水性

サーモガード サーモガード

低汚染型アクリル樹脂に特殊中空ビーズを数種類配合。特殊酸化チタンを黄金比率でブレンドし、遮熱機能、断熱機能、保温機能を持たせた多機能塗料です。

工程:主材 容量:11kg

施工面積:約30㎡以上 その他:一液水性

サーモブロックの標準色

0001ソフトホワイト 0002アイボリー 0003ソフトブラウン
0001 ソフトホワイト 0002 アイボリー 0003 ソフトブラウン
0004ウォームグレー 0005ベージュ 0006シルバーグレー
0004 ウォームグレー 0005 ベージュ 0006 シルバーグレー
0007クラウドブルー 0008スチールグレー 0009ライトグレー
0007 クラウドブルー 0008 スチールグレー 0009 ライトグレー

 

その他の特注色も対応可能ですので、詳しくはお問い合わせ下さい。

※この色見本と実際の仕上がりは若干異なる場合があります。

※この色見本の内容については予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

 

サーモブロックの施工手順

下地調整
●汚れや浮き、油膜等がある場合エアーブロー、高水圧洗浄を行い、よく乾燥させます。
●錆の発生がある場合各種ケレンを行い、劣化した塗膜を除去・清掃を行い錆び止め塗装(エボキシ樹脂塗料)を行ってください。
●付着が心配な素地の場合付着力テストを行い、相性確認を行ってください。

↓

下地材施工(サーモベース)
●吸水性のある塗装下地(金属以外)の場合使用してください。
●鉄板等水を吸わない下地の場合主剤を直接塗布しても充分な付着力が有ります。
塗布方法:刷毛、ローラー刷毛、吹付け
塗布回数:1〜2回、希釈なし〜5%希釈
養生時間:夏季2.0時間、春秋季3.0時間、冬季4.0時間

↓

主材施工(サーモブロック)
●断熱アクリルバルーンが缶の上部に浮いているので、パワーミキサーで上下まんべんなくクリーミーな状態になるまで撹拌(30秒〜3分)を行ってください。
●夏季の刷毛、ローラー刷毛による塗布の場合150〜300ccの清水で希釈、撹拌をしてください。乾きが抑えられ、施工性が上がります。
●吹付施工の場合はエアーレスガンの高粘度対応、チップ口径0.38〜0.58mmを推奨します。流動を良くするため500ccの清水で希釈、撹拌をしてください。過度の希釈は成膜不良の原因になります。
塗布方法:刷毛、ローラー刷毛、吹付け
塗布回数:刷毛、ローラー刷毛 エアーレス吹付3回。必ず2〜3回に分けて塗布してください。一度に塗布すると塗装面に亀裂が発生する場合があります。
塗装間隔:夏季0.5〜1時間、春秋季1〜2時間、冬季2〜3時間

↓

仕上材施工(サーモトップ)
●主材が充分乾燥後に塗布してください。未乾燥の上に塗布するとふくれが発生します。
●冬場の夕方の塗装は行わないようお願いします。
塗布方法:刷毛、ローラー刷毛、吹付け
塗布回数:1回(半ツヤ)〜2回(全ツヤ)
塗装間隔:3時間

施工上の注意

  • 気温5℃以下、塗装下地温度が5℃以下、湿度が85%以上、このいずれかの条件下での塗装は避けてください。
  • 降雨が予想される場合は塗装を避けてください。
  • 塗料の保管は直射日光の当たらない、40℃以下の場所で保管してください。
  • 絶対に凍結させないでください。整膜不良の原因になります。
  • 開封した缶はできる限り一度で使い切ってください。使いきれなかった場合は塗料が空気に触れないよう密閉してください。また、できるだけ早く使用してください。この場合、再撹拌してください。
  • 基本塗料要領、温湿度条件、道工具類の洗浄は一般水性塗料と同じです。

 

お問い合わせは下のボタンのお問い合わせフォームよりお願い致します。

お問い合わせはこちら